身心養生苑のホーム 断食・内観・感性療法の2泊3日〜の宿泊コース お知らせ|所在地|案内図|スタッフ|お問合せ 病気に対する考え方|統合医療|各種療法 体験談から症状のヒントが見つかるかも
ホーム>最新トピック

最新トピック

どんなところ?

所在地の案内図

スタッフ紹介

お問合せ

断食・内観・感性の宿泊コース
お知らせ・案内図・スタッフ紹介・問合せ
どんな病気に共通する考え方|統合医療|各種療法
宿泊コース・症状別体験談
よくある質問

2009年1月17日 第3回安保徹&鬼木豊出版記念講演会-感謝報告
〜大入り満員420名!! 大盛況の出版記念講演会〜

おかげさまで1月17日、藤沢市民会館での安保徹教授と鬼木豊所長の出版記念講演会は、会場420名の大入り満員、大盛況のうちに終わりました。ご協力いただいた方々に心より御礼申し上げます。

*この講演会は、平成21年1月15日に発刊された『免疫力をアップする家庭内療法の主役「輻射温熱療法」』(誰にでもできる「家庭内療法のすすめ」シリーズB)(推薦・安保 徹/ 著者・鬼木 豊)を記念して行われました。

ご購入したい方は、1180円(送料込み)を郵便振込にてお支払い下さい









第1部 鬼木所長「家庭内療法のてほどき」

<歌と笑いで会場が朗らかに>

身心養生苑の研修によって民謡を歌う気持ちを取り戻し、うつ症状が吹っ飛んだ櫻井洋介さんの「黒田節」で始まった第1部。そして全員で歌った「この街で」、免疫力をアップする「笑いの体操」で会場は笑いに包まれ、とても朗らかになりました。

<自立へ向かっての体験談>

その後、身心養生苑で自立をめざす実習生として勉強中の、清水啓司さんと彼のご両親が、鬼木所長と対談をしながら、体験報告されました。




<身心養生苑でうつ・神経性を克服>

身心養生苑に2度来苑され、感性内観療法やロールレタリングを中心とする療法で、自らのうつ・神経症を克服された小学校教諭が、その体験をせつせつと語ってくれました。


第2部 安保 徹先生講演

今回の講演会、スタッフたちの感想のひとつは「安保免疫理論は進化している!」ということでした。我々は、温熱療法をやっていますが、「からだのどこでもあたためていいのか?どんな症状でも温めていいのか?」という疑問がありました。

安保先生のお話より、そのお答えをいただいた気がします。

<男のパンツと女のパンツはちがう>

「去年の1月10日ごろから研究しだしのが、ミトコンドリアと解糖系でした。ミトコンドリアは温かいのが大好き、酸素も大好きで、細胞の中にあるミトコンドリアが熱をつくるのです。ミトコンドリアのつくるエネルギーは持続力がある。

一方、解糖系は冷たいのが好き、あたたかいものはダメ,酸素も必要ない、食べてつくられるエネルギーです。そのエネルギーは瞬発力がある。分裂して増える力がある。

ミトコンドリアが一番多い細胞は、女性の卵子の細胞で、1個の卵胞細胞に5000個あるのに、男性の精子の細胞には、5個しかミトコンドリアがないのです。」

「だから、男の股間は冷やして、女の股間はあたためる必要があるのです。どこでもあっためればいいんじゃない、ってことですね。だから、昔から男はふんどしが合い、女性には毛糸のパンツが合っているのです…。」

*安保先生の新刊「安保流ピンピンコロリン術」(五月書房)

この講演会のDVDは、近日発売する予定です。

安保徹教授 推薦のことば

コンビニ受診という言葉が出現しました。からだの不安や心の不安を抱えた人達が、助けを求めて病院に押し掛けています。病院勤務の医師達は忙しさに疲弊して辞めてゆきます。そして、医師不足の時代に突入しました。

今の医療を支える医師達の多くは、病気の原因は不明として、対症療法の薬を処方するという流れで仕事をしています。根本的な治療ではありませんから、病気が治るということはありません。病人がたまってゆきます。これも医師が忙しくなる原因です。

このように、患者側にも医療側にも問題が存在しています。しかし、病気の原因はつらい生き方や、そのつらさを処理できない心の問題にまでさかぼる必要があります。時代と共に病気の原因は変化しています。今の日本には、今の日本ならではのつらい生き方があるのです。

病気の原因が患者側にありとすれば、これからの時代は「患者の自立」「日本人の自立」ということが必要になってきます。ひたすらだれかに病気を治してもらうという流れでは、病気を克服することは困難でしょう。

鬼木豊さんの目指す家庭内療法は、このような流れを脱却する力を持っていると思います。

自分の生き方を見つめる内観法や、からだを温める方法は、未来の日本を救い、自立できる日本人を育てる方策だと思います。自分自身の病を克服した体験を持つ鬼木さんの「心のメッセージ」を皆んなで学びたいと思います。

平成20年12月29日 「免疫革命」の著者 安保 徹

断食・体質改善コースのご案内
anan1594号掲載

断食は食を断つことにより、内臓を休ませ、体にたまっている毒素を排出し、体の全細胞を活性化させるというはたらきがあります。

したがって、単にダイエット効果だけでなく、あらゆる病気や症状、体質の改善に非常に効果があります。

このコースでは、断食を中心にしながら、その方の目的にあわせていろんな治療や療法をうけることで、体質や病状を改善するきっかけをつくることができます。体験談を読む

女性誌「anan アンアン」1/16発売1594号に掲載!!当副苑長・角谷敏宜の断食に関するコメントが、石原結實氏と共に2ページに渡り紹介されました。
当苑の「温熱ルーム」はデトックス 解毒に最適!!
体の芯・心をも温める
「温熱療法」

「温熱ルーム」とは壁や床に埋め込まれた遠赤外線から放射される約38度に温められた部屋のこと。10分も経つとジットリ汗がにじみでて、1時間も経つとかなりの汗が出てとても体がすっきりします。これがデトックス。サウナのような息苦しさもなく、体への負担もまったくありません。

温熱療法・温熱マッサージ」とは、温熱器(遠赤外線38℃〜86℃)で全身を温め、自律神経や脳神経を整え、細胞を若返らせ冷え性はじめ、さまざまな症状を治療する療法です。いまや温熱療法は、ガンの予防法、治療法として世界的に認められつつあります。

温熱療法を学べる身心健康学院「温熱マイスター(温熱療法師)」の養成にも取り組んでいます。関連:日本温熱療法普及教会よりお知らせ | 三井温熱治療器(デトックス書籍プレゼント)
2009年1月17日(土) 安保徹教授&鬼木豊苑長 講演のご案内

安保 徹 教授

新潟大学 大学院医歯学総合研究科教授。

鬼木 豊 苑長

安保徹先生との講演会は、神奈川県藤沢市の『藤沢市民会館 小ホール』で行います。

  • 「免疫道場」の著者、安保徹教授と鬼木豊氏(当苑々長)との第2回講演会が1月27日厚木文化会館にて開催され、約360人の会場はいっぱい、講演後も多くの反響、問い合わせが寄せられました。
  • その時に多くの方が感動されたうつを克服した女性の体験や内容を少しご覧いただけます。
  • 第1回 6月10日 町田市民フォーラムで行われた身心健康堂・温熱ヴィラ町田主催の講演会の感想をつづったスタッフブログをご覧下さい。感性わくわく日記 6/11 6/12 6/14
コースの案内
がん・難病療法コース
感性・内観コース
断食・内観コース
料金一覧 | 予約申込| ご来苑前に

身心養生苑の紹介
お知らせ|どんなところ?|案内図|苑長|お問合せ
病気に対する考え方・療法
どんな病気にも共通する考え方
身心の病を根こそぎ治療
身心養生苑の各種療法

体験談
ガン|うつ|アトピー|摂食障害|その他||宿泊コース
Q&A
何でもQ&A

この病気を患っている方へ
ガン|うつ|アトピー|摂食障害|ストレス性の病気

商品の案内
烏骨鶏・酵素|温熱器|書籍
身心養生苑 ホーム宿泊コース体験談Q&A料金予約案内図お問合せサイト利用新着一覧
身心養生苑のホーム 断食・内観・感性療法の2泊3日〜の宿泊コース お知らせ|所在地|案内図|スタッフ|お問合せ 病気に対する考え方|統合医療|各種療法 体験談から症状のヒントが見つかるかも