ホーム > 体験談 > 302: 温熱療法や内観など中身の濃い3日間―。なんと、その後の検査でガンが消えていました。




温熱療法や内観など中身の濃い3日間―。なんと、その後の検査でガンが消えていました。

2泊3日旧ガン・うつコース K・Tさん 女性55歳 東京都

2泊3日の短い間でしたが、中身の濃い貴重な体験でした。本当に命の洗濯をさせていただいたような気がします。昨年秋にガン(悪性リンパ腫)W期と宣告されて、入院。抗がん剤を投与してきました。はたしてこれで治っていくのであろうかと、不安を抱えた日々でした。

11月退院。1月からビワ葉、こんにゃく療法、湯たんぽ、足湯、ビワ腰湯など、自宅で試してみましたら、体が温まり、肩こりや冷えが少しずつ改善してきて、腫れや痛みの箇所にも変化がみられてきたのです。

そして、出会った三井温熱器を試してみた所、すばらしいものだということがわかりました。“これで治るかもしれない!!”と思い、インターネットで調べて温熱ヴィラのことを知りました。

「身心癒しの体感コース」で鬼木先生にお会いして、すぐに伊豆にある身心養生苑に行く決心ができました。鬼木先生のお言葉で、特に印象的だったのは、次のふたつです。

  • 「病気になっておめでとうございます。」
  • 「病気は自分でつくるもの、そして自分で治すもの」

安保先生との講演会ビデオもみせていただき、改めてこの意味が分かりました。内観を深めていく中で、本当に先生の真剣さが伝わってきて、これは命がけだな!!と実感しました。自分の弱さを改めて感じ、両親に対しての思いも乏しい自分に気づかされました。

父が55歳で今の自分と同じとしに他界したことが、不思議なことです。父の命を引き継いで、生きたいと思えました。80歳の母とも、これから楽しく生活したいと思いました。

角谷先生には、温熱療法を実際に自宅でやる方法を教えてくださりながら、治療してくださいました。そして、気やパワーの入れ方、呼吸法、体のしくみ、働きなども教えていただき、なぜ早寝早起きが良いのかが特にわかりました。

朝夕の散歩などもご一緒していただき、私の足は歩くのに合っていると言ってくださり、すごく嬉しかったです。病気になったとき、もう二度と山やスキーにいけなくなるの…と思っていましたから、これからも楽しめるなんて最高です!!散歩の途中に採れた明日葉が朝食に出たときは、感動でした。

寿賀子さん、美味しくて体に良いお食事を、心を込めて作ってくださり、ありがとうございました。これからの毎日の食事に大変参考になりました。温熱療法をしてくださりながら、子育てや食事療法のお話も貴重なものでした。

鬼木先生というすばらしい人生のあたたかい先生に、また角谷先生というステキなご夫婦にも出会え、幸せに思います。ありがとうございます。

良い知らせがあります。

昨日、腹部のCTをとりましたら、12cm×10cmの腫癌がほとんど消えている!!と言われ、来月、上部の検査で少し残っていても様子を見ましょうとのことでした。皆さまに感謝です。これからも、教えていただいたことを忘れずに、食事やからだの仕組みも勉強していきたいと思います。

卵油と酵素、ありがたくいただいております。本当にお世話になりました。感謝申し上げます。

K.Tさんの血液画像診断

初日
3日目

初日は丸い赤血球が殆どなく、こんぺい糖のような形の崩れた赤血球でした。

しかし、3日目には何と殆どが形の良い丸になっていて、血液の流れも初日より良くなっていました。

これは、玄米食・野菜ジュースといった食事のせいもありましょうが、ご本人の感想にもあるように、内観療法などにより、涙の洗浄によって精神的にスッキリとした事も大きいのではないかと思われます。

まだ、赤血球同士がくっついているものが多いので、今後卵油や酵素などを飲むことによって、より血液がきれいにサラサラになっていくと予想されます。 身心養生苑スタッフ