ホーム > 体験談 > 301: ガンの恐怖から脱却




ガンの恐怖から脱却

2007年03月20日 肺がん スタッフ記

身心健康堂の角谷が、肺がんと診断され共存治癒した患者様の経緯をまとめたものを紹介致します。

69歳のN・Sさんが養生苑にいらしたのは、去年の10月23日でした。彼女は平成18年7月終わり、咳が止まらず発作性の咳で、医者に行ったところ喘息と言われて薬を飲んでいましたが治らず、北里大学病院でレントゲン、CTの検査の結果、右肺に3.2センチのガンがあることが分かりました。

ガンの宣告を受けてからは、ショックで落ち込み、食欲もなくなり、45キロあった体重が42キロに落ちました。10月18日、病院へ行って最終的にどうするか方針を決める予定になっていました。

しかし、彼女のガンのことを知った彼女の気功の先生が、Sさんに安保先生の本を読むように勧めました。「医療が病をつくる」という本を読んだそうです。そして、インターネットで安保先生の考えで治療を行っているところをさがし、健康堂を見つけたそうです。10月17日に健康堂に来院されました。

その日は気功の先生と、Sさんの妹さん、Sさんのご主人の4人でいらっしゃいました。まず4人同席で、健康堂院長の鬼木豊が、医療面接を行いました。

そこでそれまでの経緯を、彼女は涙ながらに話されました。ショックで気力も体力もすっかりなくなってしまっている…そんな印象を受けました。そして彼女の話を真剣に聞く鬼木理事長。

「ガンの宣告を受け、『ガン』イコール『死』だと思い、ショックで食欲もなくなり、これまでやっていた気功や散歩も出来なくなってしまいました。もうこれで手術して死んでしまうのかと思うと悲しくて…。気功の先生が手術しないで治るわよ、と励ましてくださり、ここにつれて来てくれました。」

鬼木理事長はまず、10月30日に発売された安保先生との共著『免疫道場』の経緯や、安保先生との関係を話されました。「安保先生と私との共通点は『病気を作るのも治すのも自分、自分しか治せない』というところです。それがあるから共著につながったんです。」

それから鬼木先生は福岡のお兄さんが余命6ヶ月の宣告を受けたとき、とんでいって医者とかけあって、結局お兄さんは助かり、今も元気で生活しているという体験談を話されました。その力強い鬼木院長の話を聞いているうちに、Sさんは手術をしないで治していこうと決めることが出来たようです。

そばで妹さんもただ聞いているだけでなく、「病院と健康堂はどこが違うのか」「本当に手術しないで治るのか」と、本音で質問をぶつけてくれました。それもまた良かったのです。1時間ほどカウンセリングを受け、シラク治療と温熱器による温熱療法を受けて帰られました。

そして10月22日、伊豆高原の身心養生苑へ、まず一週間の予定でおみえになったのです。妹さんのご主人の運転で、ご主人と妹さん夫婦の4人でいらっしゃいました。ご主人と妹さんたちは心配そうにされていましたが、鬼木院長の話を聞いて安心して帰られたようです。

「身心養生苑は、病院でも旅館でも介護所でもありません。自然に戻るところです。家庭の延長で、家族のように生活して、生を養う。命を養う場所です。」

養生苑での生活は、後からご本人に伺った話がありますので、続きは以降に載せます。

彼女の決意は相当なものだったと思います。周りはやはり、反対していたそうです。しかし今、彼女は言っています。「知らないで苦しんでいる人、たくさんいるんでしょうね。とても恐いことですね。」

いろいろな選択肢があることを分かってもらいたいと思います。そして、自分で決めて欲しいと思います。医者や治療家というのは、あくまで方法を提示するだけで、あとは患者様自身が選び、決意する事が大事ではないでしょうか。

2007年03月22日 養生苑での養生生活 N・Sさんご本人記
苑長と一碧湖周辺散策

10月22日から身心養生苑で、同じ日にリウマチの治療でみえたRくん(39歳)といっしょでした。息子のような友達で、朝夕の散歩を一緒にしました。

鬼木苑長は毎日お話してくれました。「自分で治すのが一番だ」「自分には素晴らしい力が備わっている、それが免疫を上げるんです」と、勇気付けてくれました。それでも人間だから、これでいいのか…と不安に思うこともありました。そんなときにはノーと言って、その思いを断ち切ることも教わりました。

食事は一日2食で玄米と自然食、うこっけいの卵、うこっけいまるごとスープ。治療は温熱治療と、夜は温熱ルームで1時間汗を出し、温泉にさっと入ります。はいったあとはすっきりして、お肌もつやつやになりました。一日がとっても早くて楽しいですね。

朝は声を張り上げて、万人幸福のしおりを読んだり、笑いの体操をします。一碧湖にドライブに連れて行ってもらったり、病気になって以来歩いたことのないくらい歩いていい汗をかいたりもしました。

3日目からは感性内観を、自分が生まれてからそれまで4回に分けてしました。いままで思っていなかったこと、考えてもみなかったことを初めて体験しました。一度も思い出したことのないことまででてきて、涙があふれて自分でも驚いたくらいです。

こんなに親には迷惑をかけていて、親ってありがたいなぁとつくづく思いました。親は死んだらもういないと思っていたけど、今も見守ってくれているんですね。こういう感謝の気持ちが、病気を治していく力になることが分かりました。

はじめは一週間の予定でいましたが、必要だったら延泊するつもりでした。鬼木苑長には、「延泊するかしないかは、あなたが決めることです」と言われ、私は延泊することにしました。

主人に一週間ぶりに電話をしたときです。主人は「元気か?」と涙声で言いました。どんなにか私の声を待っていたかと思ったら、私は感極まって…

「だいじょうぶよ。元気になってきたからね。もう一週間泊まるよ」 そしたら「いいよ。」と一言。主人も私の声を聞いて安心したようでした。

私はタバコを吸ったり、不規則な生活をしたわけではないのに、なぜ肺がんになったのか理由がわかりませんでした。しかし養生中にわかったことは、私は自分のことだけ考えて生きてきたということ。主人が一生懸命働いていてくれたおかげで、今は何不自由なく生活できる。毎日のように主人と旅行に行っていました。ラクしすぎていたんです。

自分のことばかり考えないで、世の中に人様に恩返しすることが大切なんだということを学びました。私の病気を完治させ、その体験をみなさんにお話する。今はその目標が出来て、パッと未来が明るくなりました。

「ただ生きているだけでは価値がない。何もすることがない、ラクを求める生き方、生きがいのない生き方は、魂の抜け殻になってしまう。生きがい、喜び、楽しみが生きる気力となります。生きる気力は生活の中で生まれるんです。」

「生き方が変わらないと元に戻りますよ」

鬼木先生に教えられたこれらのことを、できる限り実践していこうと思っています。

2007年04月24日 肺がんの共存治療

肺がんの治療でお見えになっているN・Sさまから、うれしい報告が届きました!!

肺のX線、MRI、血液検査を受けての結果が出て

「右肺下部のガンは、大きくなっていない。そのままで全く悪さをしていない、共存の状態である。」 とのこと。

「X線ではガンは見えないが、MRIで見るとガンが見える。でも全く暴れていない。ひっそりとしているようです。」

と、検査を担当した横浜の内科医 山本忍先生から結果報告を受けたそうです。

3月に入って、以前出ていたセキやノドの違和感、温熱器によるアチチ反応、肺の脈の異常など、肺がんによる反応がほとんどなくなったので、4月になったら検査をしてもいいのではないかと、私も判断しました。

それで私の知り合いである、横浜にある神之木クリニックの山本忍院長を紹介して、山本先生のところで検査をしてもらうことにしました。

山本先生は、ホリスティック医学協会をつくった方で、東洋医学のこともよく分かっておられる先生です。

また、病からのメッセージを大事にしておられます。私たちがやっている医療を理解してくださっている先生なので、Sさんを紹介しました。先生のところでレントゲン、血液検査をしてもらい、MRIは横浜の医療センターで検査してもらいました。

私としては、肺がんは消えているのかな?とも思いましたが、結果は消えていないが、ガンとしての活動はしていない、という共存治癒でした。

肺がんが消えるよりも、共存している方が、喜びすぎることなく、これからも身心の健康に注意しながら生活できるので、かえってよかったのではないかと思います。

よかったですね!Sさん。 Sさんの治療を通して、私たちも学ぶところが多かったです。

2007年04月25日 Sさんの肺がんはせっかく来ていただいたお客様

4月23日に山本忍先生より、4月11日のSさんの診察結果の報告が、私の許へ届きました。

それによると

  • 遠隔転移の指標であるLDHの上昇はない。
  • 血液学的な貧血や肝臓の異常はない。
  • 腫瘍マーカーCEAは13.2(正常値5.0以下)と軽度上昇ですが、以前のデータから見ると下がっているかもしれない。
  • 胸部MRIで右肺下葉胸膜に3x5センチの腫瘍陰影を認め、当初の大きさと変化はない。
  • 縦隔、肝臓、副腎などへの転移所見はない。 とのことでした。

そして、その日の夕方山本先生と電話でお話しました。

山本先生

「Sさんの治療はひじょうにうまくいっていますね」

角谷

「ありがとうございます。西洋医学の医者で東洋医学が分かり、しかもガンからのメッセージまで話していただける、山本先生のような医者はいません。Sさんも先生に診ていただいてたいへん喜んでおられます。私としてSさんのガンは消えているかもしれないと思っていましたが、消えていませんでした。彼女のガンは壊死しているのですか?」

山本先生

「壊死はしていません。壊死すると熱が出ますから。このガンは消えることはありません。彼女にとってはガンがあるほうがバランスがとれるんです。Sさんのガンは、せっかく来ていただいたお客様です。ガン本来の働きをしています。」

角谷

「Sさんはガンに感謝しています。ガンになって夫婦仲も良くなり、新婚のようになりました。食事も心を込めて作るようになったし、毎日夫婦そろって散歩しているそうです。ガンを頂かなかったら、こんなに充実した生活は出来ていないとおっしゃっています。」

山本先生

「そう。それがガン本来の働きなんです。その人をより良くするために、来てくれるお客様なんです。」

角谷

「Sさんもそのことをよくわかっておられます。鬼木先生や身心養生苑で学んだことを素直に実践しておられて、ほんとにSさんは人柄も素敵になりました。」

山本先生

「半年に1度くらい検査したらいいですね。これからもフォローアップしますよ。」

という、2人の会話でした。