ホーム > 体験談 > 137: 断食と内観、マンツーマンのお話でずいぶん精神が安定しました




断食と内観、マンツーマンのお話でずいぶん精神が安定しました

33歳、女性

断食と内観をしながらの長期療養コース(10日間)を受けました。長年、鬱病を患っていて薬を飲んでも治らず、代替医療に切り替え治療にとりくんできました。

針、整体、気功をやり徐々によくなってきて、薬なしでもよくなってきてはいましたが、精神状態の不安や妄想がなかなか取れず、断食と瞑想をすると少し効果があったため、断食できるところを探していました。問題は私の心の中、世の中に対する受け取り方がゆがんでいるということも、瞑想をやって気づいていました。

インターネットで内観を見つけたとき、ここしかないと思いました。そして今、断食と内観を終えて、頭がスッキリし、精神が安定したような気がします。頭が働かないと思っていたのは、感性が萎縮していたせい、マンツーマンの鬼木先生のカウンセリングというか対話は、大変よかったです。まさに自分の欲しい言葉をいただいたという感じでした。

西洋医学のカウンセリングは理屈ばかりで、あまり役に立たなかったので本当に、先生よかったです。ありがとうございました。今の日本人には、感性医道、感性教育が必要だと思います。帰ってからは、「早起き」から始めようと思います。

しばらくしたら、またお世話になるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。