ホーム > 体験談 > 126: 薬に頼らなくても、血圧や血糖値を正常に保てるように。




薬に頼らなくても、血圧や血糖値を正常に保てるように。

K・M 71才 東京

私は平成15年3月に10日間、身心養生苑の長期養生コースに、妻と二人で参加しました。私は高血圧と糖尿病を持っていました。血圧は最高が170(正常値120)最低が105(正常値80)と高いので、4・5年前より病院で降圧剤を処方され飲んでいましたが、降圧剤を飲むと血圧が急激に下がりめまいがして気持ち悪くなってしまいます。また糖尿病は血糖値180(平常値100)でやはり病院で血糖値を調整する薬をだされていました。

私は太りすぎ(75kg)と運動不足が、高血圧と糖尿病の原因だと思っていましたので身心養生苑では、半断食を行うことにしました。私の場合は、野菜ジュースと大根おろしとリンゴおろしを1日2回とる食事からはじまり、徐々にメニューをふやしてゆくという半断食でした。また鬼木苑長や角谷先生から、養生法や食事の講義をうけたり、指圧や鍼の治療もしてもらいました。

生まれ初めて行う半断食でしたが、食いしん坊の私でもあまり苦痛なくできました。また、それまで飲んでいた降圧剤などの薬は、常用するとよくないということなので、飲むのをやめてみました。

驚いたことに3日目から、血圧・血糖が平常になって、体もすこぶる壮快になってきました。1週間後には体重も5kg減りました。そしてそれまでは800mも歩けなかったのに、1週間目がすぎるころには山道を40分歩いても疲れない体になっていました。

毎朝、太平洋から昇る日の出を拝み、また日中は車で妻と伊豆の温泉めぐりをして楽しみました。妻と二人でこんなにゆったりと温泉を満喫できたのはうまれて初めてでした。

自宅に戻ってからも食事に気をつけるようになり、妻と散歩したり自転車に乗ったりして運動する習慣が身につきました。今では2時間以上自転車に乗っても疲れません。そして定期的に(月2回くらい)、西荻窪の身心健康堂に妻と健康維持のために通って、身心を調整してもらっています。

長期養生コースに参加したことがきっかけとなり、今は薬に頼らなくても血圧や血糖値をほぼ正常に保つことができるようになって、健康に対して自立できるようになったなと非常にうれしく思っています。