身心健康学院トップ温熱マイスター養成コースのご案内>短期間制と受講料の低料金制

身心健康学院の紹介
院長あいさつ学会・協会設立

温熱マイスター養成コースの案内
短期間制と受講料の低料金制
温熱マイスター養成コース
温熱マイスターさんの声

体験談
温熱マイスターさんの声
技能養成コースの体験談

短期間制と受講料の低料金制

このコースは、鍼灸など国家資格のない方でも受講でき、終了した方には「温熱マイスターの認定証」を授与します。ただし、実力が満たない場合は、補習コースを受けていただく場合もあります。
温熱マイスター養成コース『集中8日間コースと分割4回コース』誰でも受講できるように
  • 大衆化するための低料金制

    すべての商品も研修料金にも適正価格というものがあって、必ずしも高ければよいというものでもありません。また、安かろう悪かろうでは話にはなりません。

    大切なことは、内容の質を落とすことなく低料金であることに越したことはないという事です。何事も大衆化するためには、可能な限りコストを低くすることは原則であります。そういうことから低料金制にて実施しています。

  • 参加しやすい短期間

    現実の社会では、みんな時間に追われ、スピードを競った生活環境の中で、短期間で修得できることであれば、これまた魅力のあることではないでしょうか。

    物事を修得できるか、できないかの決め手は、期間の長短ではありません。その技法の基礎をいかに修得できるかできないかがポイントになります。そのためには原理や技能のコツを、いかにしっかり把握できるかにかかっている訳です。

    そういうことから8日間(教えすぎて本人の研究心と工夫をする努力を阻害しないという意味もあります)あれば充分であるという短期制を設定し次の「技能修得の三原則」に集中し、その目的を達成することにしています。

    コースも8日間連続の集中コースと週二日を4回に分けて行う分割コースがあります。

  • 技能の三原則
    1. 原理をしっかり把握する

      「温熱療法」の原理は、幾つもあるわけではありません。原理をしっかり把握することなしに、いたずらに時間をかけても時間の浪費になりかねません。あくまでも原理に沿って、その原理を把握するための技法を学ぶということが、最も重要なガキとなります。

    2. 技能のコツ(扇の要)を修得する

      野球であれ水泳であれ、すべての技能を早く修得するには、その基本とコツをいかに早く修得できれば、技能は早く修得できることになります。そこをしっかり押さえてトレーニングすることによって、かなりの成果を期待できます。

    3. 技法の特徴をつかむ

      いかなる技法であれ、その技法にしかない特徴があります。つまり温熱療法であれば、他の技法にはない温熱療法ならではの特徴があります。その特徴をつかんで、そこに集中してトレーニングすることが上達の秘訣です。

  • メンタルケアに重点をおく

    温熱療法は、症状を治すという治療家のスタンスではなく、その人の自然治癒力を引き出して活性化して、自然治癒力に委ねるという施術家のスタンスが大切です。メンタルケアに重点をおいて、熱意と謙虚さをもって患者様に正対し、集中できるか否かが、正否を決めます。

  • 人間性を磨く

    技能、技巧を鍛えるだけでなく、そこにメンタルケアのできる人間性を日々学び、磨くことがより大切なキーワードとなります。人間性とは、人に対する思いやりであり優しさ、人を尊敬するという謙虚さであります。

    温熱療法は、以上に述べた4と5にウエイトをおいた療法だといえます。これを磨き鍛え、人格をより高く、より深く、より広くするため、自分で自分を教育するという「感性教育」があります。

    技術の方は、患者様を通して回を重ねることによって、必然的にレベルアップを計ることができます。それ以上に大切なことは、人間性を向上させ高めていくことが、その療法の効果をより効果あらしめる事になることを忘れず、努力精進することです。

    私たちは、人々の健康に携わる自分達自身が、自らの身心の健康のモデルとなって、物心両面とも豊かで幸せになれることを目指したいと考えております。

ホーム当院の紹介温熱マイスターコース体験談
身心健康学院