ホーム > コース総合案内 > ガン難病コース Q&A

ガン難病コース



ガン難病コース Q&A

Q 皆さんどのくらい滞在しますか?

病気が深刻である方ほど、長い養生が必要ですので、そういう方は2,3週間以上滞在されます。また、仕事や家庭があり長期間の滞在が無理な方は、1週間滞在されて一度自宅に戻り、その後、また何度か来られるという方もいらっしゃいます。

 

Q 体の変化は客観的にどうやって調べますか?

健康の状態は、まず血液に顕著に現れます。生きた血液の状態を見ることを「ライブブラッドテスト」といいますが、身心養生苑では、血液の状態を見ることができる顕微鏡(暗視野顕微鏡)がありますので、それを見れば、一目瞭然です。

暗視野顕微鏡は、まだ数は多くありませんが、病院や歯医者、鍼灸院で扱われるところが増えてきています。

また、血液中の白血球のリンパ球と顆粒球の比率を調べることでも、健康状態がわかります。(白血球分画)それは近くの病院の血液検査によって、すぐわかります。血圧については、血圧計ですぐ測定できます。もっと、詳しく調べたい方は、近くの病院、もしくは市民病院に行って、検査されても一向にかまいません。

長期養生前の赤血球
赤血球がくっついたり、
とげとげのようになっている。
長期養生後の赤血球
長期養生によって
正常になった赤血球

ガン治癒のための統合医療も合わせてご覧下さい。