ホーム > 病気の根本原因を探る > トップ > ガン
トップ
どんな病気にも共通する考え方・治し方
身心養生苑の統合医療
身心養生苑の各種療法

ガン難病コースに戻る

ガン

まずは、あなたがガンという病気についてどの位知っているかをチェックしてみましょう。○×で答えてみてください。

ガンの理論編

  1. ガン=死である                    (  )
  2. ガンは私の敵である                  (  )
  3. ガンとは固まりである                 (  )
  4. ガンになったら手術、放射線、抗がん剤をやるのが一番よい(  )
  5. ガンになったら医者だけが頼り、ガンは自分で治せない  (  )
  6. 家族で力をあわせてガンを治してゆくことが大事     (  )
  7. ガンは生活習慣病である                (  )
  8. 免疫と自律神経は関係がある              (  )
  9. ガンに効くといわれている療法がガンを治す       (  )
  10. 何年もかかってつくったガンが治るためには何年もかかる (  )

《解説》

  1. ガン=死である・・・×

    ガン=死だなんて大間違い。ガンはあなたやあなたの家族をより健康に、より幸せにするためにやってきたのです。ガンに限らず、苦難とはその人を苦しめるためにやってくるのでははなく、生活の不自然さや心のゆがみの危険信号。それを改めれば、より以上の幸せが待ち受けていると考えてください。

  2. ガンは私の敵である・・・×

    ガンは不良少年のようなもの。あなたのからだの一部でありながら、あなたに反抗している生命体。しかし、不良少年は、社会を困らせるために不良少年になったのでしょうか。そうならざるを得ない理由があるはずです。あなたに反抗という形をとりながら、大切なことを教えようとしてくれている生命体ではないでしょうか。ガンは決して、敵なんかではありません。

  3. ガンとは固まりである・・・×

    ガン細胞はどんな人でも毎日3000~5000個以上もつくられています。でも大きくならないのは、NK細胞などのリンパ球が、ガンをやっつけてくれているからです。これを「免疫力」といいます。免疫力が落ちるから、ガンが大きくなるのです。ガンの固まりを殺しても、免疫力が落ちていれば、毎日つくられているガンが、また大きくなってしまいます。

  4. ガンになったら手術、放射線、抗がん剤をやるのが一番よい・・・×

    ガンの治療が、この三大療法だけというのはもう古い。三大療法は固まりをガンとみて、その固まりを殺しているだけ。ガンは毎日つくられているから、ガンをやっつける力(免疫力)を強くしておくのが一番大事です。

  5. ガンになったら医者だけが頼り、ガンは自分で治せない・・・×

    あなたのことをまったく知らない医者に、大切な命を預けていいのでしょうか。ガンが命がけであなたに大切なメッセージを伝えようとしているなら、あなたはガンをいただいた原因を知ってそのメッセージをつかもうと努め、それを実践してゆこうと生き方を変えることで、ガンの役目は果たされるのです。すると、ガンの自然退縮も起こってきます。

    自分でつくったガンだから、自分で治せます、というよりも、あなたにしか治せないのです。

    医者や治療家は、あなたを励ましあなたがガンを治していけるよう協力してゆく一伴走者です。

  6. 家族で力をあわせてガンを治してゆくことが大事・・・○

    家族はあなたのことを分かってくれる一番の協力者。家族で力をあわせて、ガンが伝えようとしているメッセージを実践して生活改善、生き方改善を行えば、家族みんながより健康により幸せになってゆきます。

  7. ガンは生活習慣病である・・・○

    最近では、ガンは生活習慣病であることが定説になってきました。生活習慣とはその人の生き方です。ガンをいただくような生き方を改めてゆくことがガンを治してゆくために大切です。

  8. 免疫力と自律神経は関係がある・・・○

    免疫学者の安保徹教授は、「免疫の働きをしている白血球は、自立神経の影響を受けている。自律神経の交感神経(緊張させる神経)が優位に働けば、白血球の顆粒球が増え、副交感神経(リラックスさせる神経)が優位に働けばリンパ球が増える。(顆粒球とリンパ球の正常比は(65%:35%である)という自律神経と免疫の関係を発見されました。(自律神経免疫理論)

  9. ガンに効くといわれている療法がガンを治す・・・×

    たとえばAさんがガンは効くといわれるある療法を行ったら、ガンはよくなったけど、Bさんは同じ療法を行っても、よくならなかった。この違いはどうしておこるのでしょうか。

    それは、療法がガンを治すのではなく、その人の持っている自然治癒力がガンを治すことを示しています。

    自然治癒力にスイッチを入れてから、自分の信じている療法(まちがった療法はもちろんダメです)を行えば、療法が効きだすのです。

  10. 何年もかかってつくったガンが治るためには何年もかかる・・・×

    1cmの大きさのガンになるには、5年以上かかるといわれています。しかし、自然治癒力にスイッチが入り、感性(感じる力、生命力)の力が湧発されたとき、自分でも信じられない力が湧いてくるでしょう。

    何年もかかってつくられたガンでも、感性の力が湧発されれば、ガンが治っていく、あるいはガンが悪さをせずうまくあなたと共存していくことが可能です。

    さて、いくつ正解したでしょうか。次は、ガンの療法について、チェックしてみましょう。

    ガンの療法編

  11. ガンは熱に弱い             (  )
  12. 温熱療法はガンに効果的である      (  )
  13. 笑いは最高の抗がん剤である       (  )
  14. 質のよい血液をつくるのは食事だ     (  )
  15. ガンには(基本的に)玄米菜食がよい   (  )
  16. 血流をよくするのは適度な運動と体を温めることである (  )
  17. ガンには呼吸法が効く          (  )
  18. ガンとストレスは関係がない       (  )
  19. ガンには心の原因がある         (  )
  20. 感性内観によって自分の生き方を調べるとストレスの原因がわかる(  )

    《解説》

  21. ガン熱に弱い・・・○

    胎児が短期間で大きくなるのと同じようなしくみで、ガンは大きくなります。ガンは大きくなるとガン血管と呼ばれる血管を持ち、ガン血管から栄養を吸収して、ガンが大きくなるのです。

    通常の血管は、42度の熱でも平気ですが、ガン血管はガンがつくった血管なので、通常の血管に比べ熱に弱く、42度以上の熱で壊死してしまいます。

  22. 温熱療法はガンに効果的である・・・○

    ガンに温熱療法が効くのは、いまや常識になりつつあります。

    からだが温まると、血管やリンパの流れがよくなり、リンパ球などの免疫作用をもつ細胞(白血球)の動きがよくなるので、ガンを的確にとらえてやっつけてくれる働きが増します。

    1度体温が上がると、免疫力が38%アップするそうです。また、体温が上がると、自律神経を整え、酵素の働きを活発にするので、臓器の機能が向上し、体の活(気力、体力)を高めるのに効果があります。

    理屈はともかく、温熱であたためられると非常に気持ちが良く、リラックスします。リラックスすると、免疫力の働きをもつリンパ球も増えるのです。

    私たちは、遠赤外線を発する「ハンディ温熱器」による温熱マッサージと、遠赤外線の低温サウナ「温熱ドーム」(ひとり用)「温熱ルーム」(多人数用)による温熱療法を行っています

  23. 笑いは最高の抗がん剤である・・・○

    笑うと血行がよくなり、自律神経のバランスが取れます。だから、免疫力が活性化され、スッキリするのです。

    遺伝子工学の第一人者である村上和雄先生(筑波大学名誉教授)は、「笑うことによって良い遺伝子がスイッチONに悪い遺伝子がスイッチOFFになる。スイッチONになれば、60兆の細胞が活性化し、脳内神経ホルモンが全身をかけめぐり、さまざまな症状が改善される。」と述べておられます。

    笑うことだけでガンを治した人もいます。

  24. 質のよい血液をつくるのは食事だ・・・○

    これは当然ですね。人間は食べたものが血液となるのです。

    また現代の食事では十分補いきれないビタミン、ミネラル、酵素を私たちは、烏骨鶏の卵油、万田酵素でカバーしています。血液をきれいにし、血流をよくする効果は想像以上です。

  25. ガンには(基本的に)玄米菜食がよい・・・○

    あるガン患者会の調べでは、ガンが治った人の半分は玄米菜食をしているそうです。玄米菜食は、最も簡単に血液の質をよくする日常の食事法です。

  26. 血流をよくするのは適度な運動とからだをあたためることである・・・○

    散歩などの適度な運動と、半身浴や温熱療法でからだをあたためることで血流がよくなります。

  27. ガンには呼吸法が効く・・・○

    細く長く吐く腹式呼吸(感性長息法という)は、適度に副交感神経を働かせ、リラックスするのに効果的です。

    また、短く鼻で吐く鼻呼吸(短息法という)は、適度に交感神経を働かせ、からだをスッキリとシャキッとする効果があります。

    長息法も短息法も自律神経が整うばかりでなく、血流がよくなり、内臓のマッサージ効果もあります。

    また呼吸法によって、脳内にセロトニンという快感物質ホルモンが流れることもわかっています。

  28. ガンとストレスは関係がない・・・×

    ガンは生活習慣病です。生活習慣とはその人の生き方であり、生き方を決めているのは心です。心がイキイキせず、自分の思いと現実(行動)が一致しない状態がストレスです。

    ストレス状態では、自律神経のバランスも崩れ、免疫力も落ち、毎日つくられているガンをやっつける力が低下するので、ガンが大きくなってしまうのです。

    しぼみ、ひずんでいる心をイキイキと活性化させると、自然治癒力のスイッチが入り、免疫力が強くなります。

  29. ガンには心の原因がある・・・○

    たとえば、乳がんの場合、右の乳がんは家族の問題、左の乳がんは肉体の酷使が原因だそうです。

    がんには心の原因があり、その原因の違いでガンのできる場所も決まるようです。心とガンは密接な関係があります。

  30. 感性内観によって自分の生き方を調べるとストレスの原因がわかる・・・○

    自分の生き方を知ることで、ストレスの原因が分かり、心のひずみ、しぼみが解消されてゆく「感性内観」は、私たちの統合医療の一大特徴です。

    感性内観によって、自然治癒力のスイッチが入ると、「これで治る」と感じることができ、自信と勇気が湧いてきます。

ガン治癒のための統合医療

わたしたちのガン治癒のための「統合医療」のポイントは、次のようです。

  1. 一番の特徴は、ガンをいただいた原因やガンの持つメッセージに自ら気づけるようにする「感性内観」という療法があることです。感性内観によって、ガン=死という恐怖心から解放され、感性の核である「信」を確立すると、自然治癒力のスイッチが入り「これで治る」と実感でき、免疫力を強くしてゆく各療法が効きだします。

  2. 「自分でつくったガンだから自分で治せる」という考えです。医師や治療家に依存せず、自分でガンを治してゆくのが基本です。生き方・考え方・働き方、生活習慣を改善し、家庭でも治してゆけるよう「家庭医療」をご指導しています。医師や治療家は、あなたを励まし、あなたが治癒できるように協力してゆく伴走者です。

  3. 免疫力を強くして、自然治癒力を活性化する各療法を実施しています。

    1. 「温熱療法」(温熱器を使った「温熱マッサージ」と、排汗を促す「温熱ドーム」)により、血液・リンパ・ホルモン・神経の流れをよくして新陳代謝を活発にします。

    2. 「玄米菜食」を基本にして、「烏骨鶏のスープ」「烏骨鶏の卵油」「万田酵素」などによって、ミネラルや酵素を補給し、血液を浄化・浄血して体質改善を図ることで、体力をアップします。

    3. 「笑いの体操」「感性長息法(呼吸法)」によってマイナスイメージを除去し、プラスのイメージにチェンジして、ベータエンドルフィンやドーパミンなどの脳内神経ホルモンを全身にめぐらせることで、気力をアップします。

    4. 生活リズムを「早寝早起き」の自然のリズムと一致した生活にもどすことで、自律神経のバランスがとれ、内臓の働きが正常になります。また、無理のない「散歩などによる運動療法」を行うことで、血流がよくなり、からだのコリ(偏り疲労)もほぐれます。

  4. ガンを治すことにとらわれると、がんにつかまります。実は、「残された命を何のために使うか」を明確にすることで、生きがいを発見して「感動や喜びのある生き方」をめざすのです。そのために人間に与えられた「感性と理性」という能力をバランスよく正しく使う方法を学び、自由で感動のある自立した生き方ができるよう導いていきます。するとガンはそのことの結果(ごほうび)として治っていくのです。

理想とするガン治療の流れ

順序
1.
2.
場所
身心養生苑
身心健康堂 お茶の水
治療内容
統合医療
  • 感性医道療法
  • 感性内観療法
  • 感性長息法
  • 笑いの療法
  • 運動療法
  • 烏骨鶏卵油や万田酵素療法
温熱療法
温熱ドームと温熱器による併用療法
家庭医療
  • 温熱療法による治療
  • 体質改善(食事療法)(烏骨鶏&万田酵素)
  • 生活習慣改善と生き方改善
通院治療
  • 温熱療法による診断と治療
  • 家庭医療のすすみ方をチェックします
効果
  • ガンへのおびえや恐怖から解放されます
  • 気力と体力をアップします
  • 自然治癒力にスイッチが入り、各療法が効きだします
  • 自分でできる家庭医療をアドバイスします
ガン治療に一番大切なのは、「自分で治す」という気持ち、そして毎日自分で実践する家庭医療です。定期的に治療院に通院すると客観的に診断ができますし、自分への励みになります。
備考
少なくとも3泊以上、できれば1週間の滞在をおすすめしています